橈骨 遠 位 端 骨折 リハビリ。 橈骨遠位端骨折後の作業療法士の訓練内容と注意点について解説

手首の骨折(橈骨遠位端骨折)の保存的治療・リハビリについて: 還初道人のブログ

。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【整形外科 : 外傷 : 橈骨遠位端骨折 : 定型的橈骨下端骨折 : 理学療法 : 機能回復 : 関節可動域訓練 ROM訓練 : リハビリ方法 : 関節拘縮 : 機能障害 : 徒手矯正 : 後遺症 : コーレス(コリーズ)骨折 : 保存療法 : 手指・こわばり・かたまり・握れない・使えない 】. また、Ulnar variance 尺骨バリアンス がplusになると 「尺骨突き上げ症候群」が 合併することにより手関節の尺側部痛が生じます。 ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 基本的には、まず手指から前腕部までをお湯 などで5~10分間温めてから上記の他動的関節可動域訓練( 徒手矯正 )を行います。

15
スポンサードサーチ 森谷・斎藤の評価法(MS-2010)の評価方法(評価項目) 自覚的評価 ・痛み ・変形 ・ADL・家事・職業・レクリエーションでの障害 他覚的評価 ・選択変形 尺骨バリアンス 掌側傾斜角 尺側傾斜角 関節面の段差 ・関節可動域 手関節掌屈、背屈、橈屈、尺屈 前腕回外、回内 ・握力 ・関節症性変化(骨棘形成、関節裂隙の狭小化など) ・合併症 神経合併症 手指拘縮 腱断裂 森谷・斎藤の評価法(MS-2010)の結果の解釈 森谷・斎藤の評価法(MS-2010)では、各評価項目で減点される点数の合計点(総減点数)により、 ・Excellent ・Good ・Fair ・Poor に分けられます。 浮腫の外見と特徴 浮腫の外見としては、 ・皮膚表面がピカピカしている ・皮膚のしわが少ない という特徴があります。

橈骨遠位端骨折後の作業療法士の訓練内容と注意点について解説

そのため、術後から1年までの評価指標では、 ・浮腫計測 ・疼痛(VASなど) ・関節可動域 ・筋力 ・簡易上肢機能検査(STEF) ・DASH などにより評価していきます。 手指の拘縮の生じやすい場所 橈骨遠位端骨折後の後遺症として 「MP関節の伸展拘縮」 「手内在筋の短縮」 が生じやすいとされています。

2
食事では、 ・箸の使用 ・茶碗を持つ 排泄では、 ・トイレットペーパーをちぎる ・ズボンの上げ下げ などがあります。 (VISI変形) X線側面像で,月状骨が背屈しているものをDISI(dorsalinter calatedsegment instability)変形、掌屈しているものをVISI(volarinter calatedsegment instability)変形と呼びます。

橈骨遠位端骨折術後の作業療法!浮腫管理から可動域改善、ADL指導まで!

関節拘縮( 運動制限 )の程度は人によってさまざまですし、どの程度のリハビリを実施するか 頻度・強度 によって回復の度合いは違ってくるからです。 。 。

15

橈骨遠位端骨折後の作業療法士の訓練内容と注意点について解説

4
。 。

橈骨遠位端骨折術後の作業療法!浮腫管理から可動域改善、ADL指導まで!

15

橈骨遠位端骨折術後の作業療法!浮腫管理から可動域改善、ADL指導まで!

15
。 。

橈骨遠位端骨折術後の作業療法!浮腫管理から可動域改善、ADL指導まで!

。 。 。

1
。 。

手首の骨折(橈骨遠位端骨折)の保存的治療・リハビリについて: 還初道人のブログ

。 。

12
。 。

橈骨遠位端骨折術後の作業療法!浮腫管理から可動域改善、ADL指導まで!

。 。 。

14
。 。

橈骨遠位端骨折後の作業療法士の訓練内容と注意点について解説

橈骨遠位端骨折後の作業療法士の訓練内容と注意点について解説

。 。 。

。 。