つれづれ なり。 徒然草

つれづれなりー

。 「まま(名詞/に(格助詞)) 日暮らし(ひぐらし)=名詞・副詞、一日を過ごすこと、一日中 手持ちぶさたで、退屈であるのにまかせて、一日中、硯に向かって、 心にうつりゆく よしなしごとを、 そこはかとなく書きつくれ ば、 よしなしごと=名詞、とりとめもないこと、たわいのないこと、つまらないこと よしなし(由無し)=ク活用の形容詞、理由がない、方法がない。

原文・現代語訳のみはこちら 成立:鎌倉時代後期 ジャンル: 随筆 ずいひつ 作者: 兼好 けんこう 法師 ほうし ・ 吉田 よしだ 兼好 けんこう ・ 卜部 うらべ 兼好 けんこう 「黒=原文」・ 「赤=解説」・「 青=現代語訳」 つれづれなる ままに、 日暮らし、 硯 すずり に向かひて、 つれづれなる=形容動詞ナリ活用「つれづれなり」の連体形、することがなく退屈な様子、手持ちぶさたな様子。

つれづれなりー

宿毛内海道路 県境区間先行開通 宿毛内海道路は 県境区間を先行開通 させるのが良いと思われます。 徒然草の作者 吉田兼好(『』 画 明治時代 兼好を作者とするのが僧・正徹(後述)以来、定説になっている(ただし正徹は100年ほど後の人物であり、兼好が書いたとする明確な証拠はない)。 もともと山奥で生活するのは不便なので便利な所へ進学・就職を機に移動しようとする誘因はあるはずなので、道路があっても衰退が起こってしまうのは仕方がありま 高知県内で 県外のテレビが 見たい! 高知県で県外のテレビを観ることはなかなか難しいです。

10
外部リンク [ ] ウィキソースに の原文があります。 。

徒然草

。 。

13
。 。

徒然草

。 。 。

5
。 。

徒然草『つれづれなるままに』解説・品詞分解

。 。

12

徒然とは

。 。 。

2
。 。

徒然とは

。 。 。

11
。 。

徒然とは

。 。

8

徒然草『つれづれなるままに』解説・品詞分解

。 。

9

徒然草『つれづれなるままに』解説・品詞分解

。 。

つれづれなりー

5
。 。