奥村 助 右 衛門。 奥村助右衛門とは (オクムラスケエモンとは) [単語記事]

創業明治11年の人形専門店。寿月すみたやの五月人形。奥村助右衛門 創作兜平飾り。

二男家は肥後中村家(別褐) 1、中村甚左衛門 (三男?) 【田辺城籠城】 青龍寺にて被召出、其後御知行七十五石被下(段々加禄して豊前にて 二百二十五石と有)丹後御入国ニ御供仕、御籠城には西手支配被仰付候 甚左衛門禁裏に忍の御使被仰付、首尾能相働候付、難有蒙御意、御筆の 物、御腰物九曜御紋被為拝領候、右之ヶ條ハ御上ニも相知居候故、御先 御代二省候様ニと被仰付候ニ付、先祖附にハ書出不申候得とも、別紙を以 支配替りの節は、毎々達置候と有之、御先御代とハ霊感院様御代と聞へ申 候、右御使事、古今伝授一件の事にや難分。

4
8、右十 造酒助) 百五十石 享和二年十一月~文化二年二月 川尻町奉行 文化二年二月~文化八年九月 中小姓頭 文化八年九月~文化十四年十一月 小姓頭 文化十四年十一月~文化十四年十二月(病死) 留守居番頭 佐田右州 名は英景、右州と称し、造酒之助と改む。

官途名からの逆引き人名辞典

分限帳に「本国 大和狡川、生国 山城甑原」とあるが、正しくは「狭川 さがわ 」「瓶原 みかのはら 」。

14
2.ウィキペディア 「奥村永福 おくむら ながとみ」 【最終確認 2016年2月26日】 「奥村伊予守永福出生地碑(愛知県一宮市奥町貴船神社境内)」 【最終確認 2016年2月26日】 また、ADEAC(アデアック )デジタルアーカイブシステムで横断検索すると、『石川県史』の関連箇所がヒットし内容を確認することができます。 (武家家伝-北畠氏) 参考:細川藤孝田辺城籠城について 両軍和議の勅使として、三条大納言実条卿、 中院中納言通勝卿、烏丸中将光弘卿三人 前田主膳正を召連られ、田辺に御下向・・・・・ (綿考輯録・巻五) 参考:中院中納言通勝の息女は帝に宮仕し寵愛に預かっていたが、宮中不祥事事件に連座し遠 島処分される。

奥村助右衛門とは (オクムラスケエモンとは) [単語記事]

岐阜県 ISBN: 4-404-01503-8 全国書誌番号: 88032945 件名: 日本 -- 人名辞典 / 日本 -- 歴史 -- 江戸時代 NDLC: GB12;GB311 NDC: 210. 9、宮門 旧知三百石 嘉永五年十月(大組附)~嘉永五年十二月 高瀬町奉行・御側取次二転 沢村西陂 名は*、字は子寛、宮門と称し、西陂と号す。 にベタぼれ あの顔になりたいよー かぶくならかぶきとおせ 昨日はつかさと宅飲み 調子のってワイン1本あけちゃいました ただいま頭ガンガン クズ おかげで僕のGUCCI君も1万しかない 今月死亡 あちゃぱ 2ヵ月で20万勝ちやったのにどこいったか全くわからん 頭悪いき4回死のう"笑 そういやこの前ぼくのライフ事故しちゃいました 100ぱー相手のせいやけどね ミラーばーんでした オレと年近い女4人でてきたよ 全員用事にならん容姿やた てなわけでぶち切れちゃいました ファックユー ぶち殺すぞこのやろー おまえらは正真正銘織り込みつきのクズだ 相手が星井七瀬か明日花キララか和希沙也か香里奈やたら全然気にしないかった ぼく最低やな いやあえてサンキューオレ"笑. 参考 与左衛門子(長男)源右衛門家老役(宇土細川家)、和泉守殿御代御知行差上候 源右衛門妻江百五十石被下候、養子源助相続、今の源右衛門祖なり (綿考輯録・巻五) 参考 明治二年正月三日千葉川津沖にて沈没したハーマン号に乗艦し「生死未相分」として 佐方長左衛門育・佐方嘉傳次及び佐方長左衛門小者壹人の名が見える。

6
7、諏訪助・常信(養子 実・牛島市郎左衛門三男 室・傳吾七女) 旧知三百石 8、熊五郎(養子 実・轟木四郎兵衛二男・傳吾外孫 長左衛門・弥三郎)快信 御使番 三百石 消息 私家版「つづら文から」 昭和61年4月発行 著者・佐方信博氏 佐方信博氏 郵政政務次官を経て富士重工業(株)副社長 この本は 借りて読むことが出来ます。

松平信綱の家臣団

長坂平右衛門宗辰 『榎本弥左衛門覚書』に、万治二年 "卅五計ニて年寄 家老 ニ被為成候" と記事がある。

17
参考:松井二平次 松井康之の姉(松林院)婿・角田因幡守藤秀の子 参考:長兄・松井外記元勝 次兄・湘雪院西堂 三兄・角田団兵衛勝貞 義弟・松井式部(志水悪兵衛) 3、宇右衛門・友雅 寛文五年跡目・弟友秋千石・友貴三百石分知 備頭、家老、 貞享二年閉門知行召上らる 元禄八年七月歿 延宝元年 ~貞享三年三月(致仕)備頭大頭 延宝四年五月~貞享三年三月(致仕)家老 4、大九郎・友朗 人持衆并組外衆 壱万八千石(内七百石・沢村源左衛門 内五百石・沢村八之進) (御侍帳・元禄五年比カ) 貞享三年閏二月先祖之訳に対し知行返下さる 組頭 元禄十五年二月致仕 妻・松井直之女 元禄二年七月~元禄十五年二月(致仕)備頭大頭 5、岩三郎(衛士・友恒 重行) 壱万石 着座御備頭 屋敷・京町 備頭、家老 寛保三年閏四月十七日歿 宝永七年五月~享保十七年十二月 備頭大頭 享保十七年十二月~寛保三年閏四月(病死)家老 6、大九郎(養子 実・氏家甚左衛門二男 宇右衛門・友隼) 寛延三年八月跡目相続、組外 明和三年十二月致仕 同六年六月十八日歿 延享三年七月~明和三年八月 備頭大頭 7、大九郎(衛士・友顕) 明和三年家督、中着座 寛政十二年七月致仕 六日歿・五十二歳 8、宇右衛門・友輔(養子 実・友顕弟正氏嫡子 宇衛) 家督、中着座、留守居大頭、大目付、中老職、家老職 文政十二年六月致仕 隠居料百人扶持 弘化四年五月二十一日歿 享和元年十二月~享和三年二月 留守居大頭 享和三年二月~文化七年十二月 備頭大頭 文化七年十二月~文化九年七月 大御目付 文化九年七月~文化十一年十月 中老 文化十一年十月~文政十二年六月 家老 沢村宇衛 名は友輔、初め宇右衛門、隠居後宇衛と改む。 【最終確認 2016年2月26日】 事前調査事項 Preliminary research. 史料:嶋原一件書状之写(温泉嶽燃出、津波被害の状況報告の手紙七通)寛政五年 9、右門(右平・吉左衛門) 右門-御目付 三百石 右平-旧知二百五十石 吉左衛門-旧知三百五十石 細川斎護公御書出(文化九年) 同上 (弘化四年) 天保元年七月(大組付)~天保三年二月 高瀬町奉行 天保三年二月~天保五年九月 奉行副役 天保五年九月~安政元年八月(病死)奉行-吉左衛門ト改名 佐田右平 名は玄景、右平と称し、後吉左衛門と改む。

官途名からの逆引き人名辞典

。 。 。

。 。

肥後細川藩・拾遺:新・肥後細川藩侍帳【さ】の部

15

三百藩家臣人名事典 第3巻

9

岸本良信公式ホームページ 藩士と幕臣の名簿 仙台藩(伊達藩)2

。 。

11

奥村助右衛門とは (オクムラスケエモンとは) [単語記事]

3

秀吉包囲網とは (ヒデヨシホウイモウとは) [単語記事]

。 。