運行 管理 者 試験 過去 問。 運行管理者試験対策講座

運行管理者試験対策講座

年度 受援者数 合格者数 合格率 令和2年度 第2回 32,575人 14,295人 43. 4% 令和2年度 第1回 9,714人 3,026人 31. 5% 平成28年度 第1回 36,028人 10,868人 30. 7% 令和元年度 第2回 中止 令和元年度 第1回 36,530人 11,584人 31. A 1.業務に関して 2.責務に関して B 1.情報の管理 2.運行の管理 C 1.指導し又は助言 2.命令 D 1.勧告 2.指示 問15 交差点における通行方法等に関する次の記述のうち、 誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 7% 平成29年度 第2回 29,063人 9,605人 33. 一 各営業所に配置する事業用自動車の種別ごとの数の変更 二 各営業所に配置する運行車の数の変更 2 前項の事業計画の変更の届出をしようとする者は、次に掲げる事項を記載事業計画変更事前届出書を提出しなければならない。

11
1:指導 2:考慮 3:誠実 4:権限 5:適切 6:地位 7:尊重 8:勧告. 7% 平成30年度 第1回 8,998人 2,856人 31. 問19 解答: 4 問20 「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」に定める目的等についての次の文中、A、B、C、Dに入るべき字句としていずれか正しいものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。

運行管理者試験対策講座

25 問15 解答: A:2 B:1 C:1 問16 道路交通法に定める交差点等における通行方法についての次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 7% 平成30年度 第2回 29,709人 9,743人 32. 1.種類 2.安全運転を確保 3.乗務時間 4.過労運転を防止 5.数 6.必要となる員数の 7.休息時間 8.必要な資格を有する 答え:A5 B6 C3 D4 一般者は、の (A=数)、荷役その他のの運転に附帯する作業の状況等に応じて (B=必要となる員数の)運転者及びその他の従業員の確保、の運転者がその休憩又は睡眠のために利用することができる施設の整備及び管理、の運転者の適切な勤務時間及び (C=乗務時間)の設定その他の運転者の (D=過労運転を防止)するために必要な事項に関しで定める基準を遵守しなければならない。 年度 受援者数 合格者数 合格率 令和2年度 第2回 32,575人 14,295人 43. 2% 令和元年度 第2回 中止 令和元年度 第1回 8,263人 2,624人 31. 0% 平成29年度 第1回 37,774人 13,238人 35. 一 主たる事務所の名称及び位置の変更 二 営業所又は荷扱所の名称の変更 三 営業所又は荷扱所の位置の変更(貨物自動車利用運送のみに係るもの及び地方運輸局長が指定する区域内におけるものに限る。

20
1.一般貨物自動車運送事業者等は、( A )に従い業務を行うに( B )事業用自動車の運転者(以下「運転者」という。 ) 四 第二条第三項第二号から第四号までに掲げる事項の変更 2 前項の事業計画の変更の届出をしようとする者は、次に掲げる事項を記載した事業計画変更事後届出書を提出しなければならない。

運行管理者試験対策講座

8% 平成30年度 第2回 7,605人 2,868人 37. 問9 解答: 2 問10 自動車の検査等についての次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 問12 解答: 1 3.道路交通法関係 問13 道路交通法に定める車両の交通方法等についての次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 この法律は、道路運送車両に関し、所有権についての( A )等を行い、並びに( B )及び公害の防止その他の環境の保全並びに整備についての( C )を図り、併せて自動車の( D )の健全な発達に資することにより、公共の福祉を増進することを目的とする。

15
8% 平成30年度 第1回 35,619人 10,220人 28. 問1 解答: 3 問2 次の記述のうち、旅客運送事業者の運行管理者が行わなければならない業務として、正しいものを2つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 問2 解答: 2,4 問3 一般旅客自動車運送事業者(以下「事業者」という。

運行管理者試験対策講座

0% 平成29年度 第1回 37,774人 13,238人 35. 7% 平成29年度 第2回 29,063人 9,605人 33. 問24 解答: 適:2,4 不適:1,3 問25 旅客自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導・監督に関する次の記述のうち、適切なものをすべて選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 1.3ヵ月 2.6ヵ月 3.320時間 4.322時間 5.293時間 6.299時間 7.3,516時間 8.3,588時間 問21 貨物自動車運送事業の「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」等に関する次の記述のうち、 誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 0% 平成28年度 第2回 29,621人 6,069人 20. 問17 解答: 1,2 4.労働基準法関係 問18 労働基準法の定めに関する次の記述のうち、正しいものを2つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。

4
7% 令和元年度 第2回 中止 令和元年度 第1回 36,530人 11,584人 31. 問27 解答: 適:2,3,4 不適:1 問28 高速自動車国道において、A自動車(貸切バス)が前方のB自動車とともにほぼ同じ速度で50メートルの車間距離を保ちながらB自動車に追従して走行していたところ、突然、前方のB自動車が急ブレーキをかけたのを認め、A自動車も直ちに急ブレーキをかけ、A自動車、B自動車とも停止した。 問3 解答: 2 問4 旅客自動車運送事業の事業用自動車の運転者に対する点呼についての法令等の定めに関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。

運行管理者試験対策講座

9% 令和2年度 第1回 39,630人 12,166人 30.。

19
一般者は、の( A )、荷役その他のの運転に附帯する作業の状況等に応じて( B )運転者及びその他の従業員の確保、の運転者がその休憩又は睡眠のために利用することができる施設の整備及び管理、の運転者の適切な勤務時間及び( C )の設定その他の運転者の( D )するために必要な事項に関しで定める基準を遵守しなければならない。

運行管理者試験対策講座

問16 解答: 1 問17 道路交通法に定める運転者及び使用者の義務等についての次の記述のうち、正しいものを2つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。

11
7% 平成29年度 第2回 8,588人 2,928人 34. 5% 平成28年度 第1回 36,028人 10,868人 30. 0% 平成28年度 第1回 8,169人 2,876人 34. 問25 解答: 1 問26 事業用自動車の運転者の健康管理及び就業における判断・対処に関する次の記述のうち、適切なものには解答用紙の「適」の欄に、適切でないものには解答用紙の「不適」の欄にマークしなさい。

運行管理者試験対策講座

問5 解答: 2,4 問6 一般貸切旅客自動車運送事業者の過労防止等についての国土交通省令で定めた「貸切バスの交替運転者の配置基準」に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 問21 解答: 2,4 問22 下表は、一般乗用旅客自動車運送事業の隔日勤務に従事する自動車運転者の1ヵ月の勤務状況の例を示したものであるが、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」に定める拘束時間等に照らし、次の1~4の中から違反している事項を2つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 問18 解答: 2,3 問19 労働基準法及び労働安全衛生法の定める健康診断に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。

20
1% 平成29年度 第1回 10,462人 3,694人 35. 9% 令和2年度 第1回 39,630人 12,166人 30. )の( A )した場合において、当該最高速度違反行為に係る車両の使用者が当該車両につき最高速度違反行為を防止するため必要な( B )を行っていると認められないときは、当該車両の使用の本拠の位置を管轄する公安委員会は、当該車両の使用者に対し、最高速度違反行為となる運転が行われることのないよう運転者に( C )することその他最高速度違反行為を防止するため必要な措置をとることを( D )することができる。 2.【 B 】は、この基準を理由として自動車運転者の労働条件を低下させてはならないことはもとより、その【 C 】に努めなければならない。

運行管理者試験対策講座

。 。 。

5

運行管理者試験対策講座

。 。

6

運行管理者試験対策講座

。 。

18